読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本音がいいとは限らない

ドラゴン桜」をマンガアプリで1日1話読んでいる

夕方にそれを見るとする

厳密に24時間経たないと続きが見られないので

気がつくと次の次の日の朝見てたりして

さらに次の日はまた夕方で2話読むのに3日掛かることも多々ある

 

嫌いな生徒、好きな生徒がいるなんてよくないという

真面目先生に対して主人公桜木が

「本音って……そんなに大事か……」

「すべてをさらけ出して本音でぶつかり合う そんな世界息苦しくないか」

と桜木がいってて

おおおおおおおお とおもった

たまに名言出る(ちなみに5巻終盤です)

 

さらに追い打ち

「匿名で本音を言い合うインターネットの掲示板は混乱してるだろ」

まさしく

 

私は本音ばっかりでリアルで生きてきて、

正直者なのはいいことだと思ってたフシがある

アラフォーになって気がつくとはおそすぎる

何もかも遅い

ぼーっと生きてきた結果

ああ、くやしい

 

あ、でも、本音話してくれない建前の人好きじゃないけどね

本音か嘘かどうかぐらいはわかる

(た、たぶん……)

 

本音ばかりの人は誠実ではなくて「バカ」ってことがショックだったのさ・・・